BuildCon

Graphic Design, Planning, etc.

About

今回は学生を対象に、普段から物事にあまり取り組む機会のない学生が主体となって、何かを作ってみたら楽しいのではないか?さらには、そんな学生たちが、楽しく技術に触れることで、何かのきっかけとして、心の琴線を揺れ動かすトリガーの役割を果たせるのでないか?と考え、ハッカソンを開催することになりました。

Planning

初学者が何かを作る、というロードマップを想定して、まずはイベントの設計に取り掛かりました。ペルソナを初学者が多いであろう低学年に絞り、技術に触れる「成長」のきっかけとして、「Git」と呼ばれるプログラム開発時に使われる管理ツールの使い方の講習や、ものづくりの「ハッカソン」と合わせてアイデア創出ワークである「アイデアソン」を組み込むなど「成長」のロードマップを意識しながら、最終日の発表に向けて取り組む3DAYsのスケジュールを作成し、それらをもとに参加者の皆さんに取り組んでいただきました。
合わせて、学生同士の交流が盛んになるように、チームでのワークを基本とし、アイデア創出ワークなどでは実際にチームのシャッフルなどを通してたくさんの発見や気づきが生まれ、興味を持つきっかけとなるような設計を行いました。

Ideathon

実施したアイデアソンについては、講義を私が担当しました。
最初の発想を得るための「まずは書いてみる」段階から、複数人との会話によるブラッシュアップまで、一通りの流れを意識したプログラム構成としました。実施した内容については、SpeakerDeckからご覧いただけます。
Available on SpeakerDeck

Concept

To take a step?

学生の中には、好きなことや、得意なことを伸ばしていく機会をあまり持たずに、5年間という機会を終えてしまう学生もいます。
さらには、あまり技術などに触れる機会を「持たずに」、または「持とうとせずに」学校生活を終えてしまう人も。
でも、踏み出すためには大きな壁を越えなければなりません。
今回は、この壁を乗り越えるための機会として、あなたの「したい事」に取り組むきっかけとしてのイベントを用意しました。
主役はあなた。無用な遠慮も、尻込みする必要もありません。
さあ、飛び立とう。未来へ向かって。

Logo

Buildconのロゴマーク

ロゴマークには、複数のブロックで組み合わされたシンボルが目立つように配置されています。今回の「Build-con」の名の通り、組み合わせて作るというようなイメージと合わせて、「複数のパーツにより出来上がっている」マークに、今回開催したイベントにおける特徴のうちの、1つである「チーム戦」において、「誰一人かけることなく、協力しながら挑む姿勢」を表現したほか、シンボルの各パーツに対して「着実に積み上げてゆこう」というメッセージも込め、学生がひたむきに取り組む姿勢を表現しました。
今回のイベントは、ただ創るだけでなく、今後の交流のきっかけなども生み出されるようなイベントにしたいと考えていました。そうしたような、いわば「今後の起点」ともなりうるイベントになって欲しいとの願いを込めてデザインしました。

Outcome

本イベントは、アイデア創出ワークからプログラミングまで、3日間という短い期間ながら、学生の持つポテンシャルを最大限に活かしたクリエイティブなイベントとして実施しました。
ハッカソン・アイデアソンの主催は初めてでしたが、参加者からは概ね好意的な意見が寄せられ、中には、成長や技術の入り口のきっかけとなった、という狙い通りの声も上がり、目的を達成することができました。
本イベントは、たくさんの皆様のご協力により実現しました。この場をお借りして、深く御礼申し上げます。

なお、実施時のレポートは以下よりご確認いただけます。
2020/3/31 低学年対象の学内ハッカソン・アイデアソン開催(2020年2月19日)| 木更津工業高等専門学校

Detail

制作年:2020
担当:デザイン(プロダクト全般), 企画など全般を担当
クライアント:自主的な持ち込み企画

(C) 2020- Sora Harada. All rights reserved.