Ideacon'20

Graphic Design, Planning, Management, etc.

About

本イベントでは、これまでのカンファレンス等とは違い、参加者全員が主役となるような、イベント形式でアイデアを披露しあう、「コンテスト」形式でのイベント開催を考案しました。
「起業アイデア」と銘打って、「これから展開を狙っている」アイデアをターゲットとしたコンテストとし、アイデアの披露の場ではなく、個々が生み出した種が芽を出すきっかけとなるようなイベントとして開催。
実施するにあたり、応募するフォームからポスターまで、各種導線の設計やグラフィックデザインなど、様々な領域を横断的に担当させていただきました。

Design(Poster)

今回イベントを実施するにあたり、打ち合わせを行ったなかで、まず最初に飛び出してきたのが「学科の垣根を超えて、たくさんの人に参加してほしい」というメッセージ。そこから思いやビジョンを伺い、「力強さ」「幅広い学年・学科への訴求」をテーマとして制作に取り掛かりました。そして、まずはたくさんの人が目を引くような、かつ力強さを感じるというテーマで、いくつかのパターンを、AdobeXDにて制作。

ポスターの考案過程

ここから打ち合わせを再度行い、シンプルなメッセージが目を引く最後の案をポスターとして採用しました。
このポスターでは、太く力強さの感じるフリーフォントを変形させて配置することで飛び出すようなグラフィックに仕上げました。メッセージは、何種類か検討した上で、シンプルかつ「ん?」と目を引くような4文字をチョイス。

制作物(一部)

ここからさらに改良を重ね、ポスターに掲載すべき情報の絞り込みや、レイアウト・配色の調整を実施。情報の整理として、ポスターにはビジュアルに最大限の領域を割り当てたいと考え、シンプルに応募方法と審査員情報のみを配置し、詳細はQRコード先のリンクに誘導する形式に。レイアウトは下段のみ微調整を実施し、ポスターの訴求部と情報の部分を、背景色の変更により切り分けました。配色は、情熱をイメージした赤をアクセントカラーとし、合わせて南房総のイメージカラー(注:菜の花,海)でもある黄色と青色を採用し、全体的に明るいイメージを持たせました。

Design(Logo)

ロゴの制作時には、シンプルで、長く使えて、かつ飽きのこないロゴを目指しました。
Futuraをベースにし、アクセントとして「刺激」をイメージした雷アイコンを配置。互いに「ビビッ」と刺激を得ることをイメージしています。そして、このアイコンを年度表記のアポストロフィとして用いることで、イベントのアイデンティティを強調しながらも、主張の強くない、シンプルなロゴに仕上げました。

シンプルなロゴデザイン

Other

今回は、ポスターなどだけでなく、応募用の資料など一元的にアセットなども含めた各種素材を制作しました。
実際に名札なども用意し、皆さんに使っていただきました。アセットを制作する際には、全てをイベントの一部として捉え、価値観を損わずに、かつ体験の一部を増幅することを目指し、常に制作にあたりました。
名札などは、高専の特徴(注:学科をアルファベット1文字で略記する風習がある)を逆手に取り、学科などを自分で選択する方式で記名欄を制作し、利用者にとって使いやすいものを目指しました。

デザインを手掛けたノベルティ(一部)

なお、実施時の様子に関しては、以下のサイトでも取り上げられておりますので、合わせてご覧ください。
Ideacon’20(起業アイデアコンテスト)を開催(学生取材記事) | 木更津工業高等専門学校

Detail

制作年:2020
担当:デザイン(プロダクト全般), 企画など全般を担当
クライアント:自主的な持ち込み企画
スキル:Adobe XD, Adobe Illustrator, Keynote, Microsoft Forms, And etc.

(C) 2020- Sora Harada. All rights reserved.